Home

海外現地法人の取り組み

taiwan_01

台湾

台湾盲導犬協会への支援活動

「台湾盲導犬協会」は、“つえ以外の選択肢があることを知っていただきたい”との思いから2002年に設立された団体です。ナチュラリープラス 台湾では、2005年より積極的に支援を続けています。

●ナチュラリープラス 台湾所属盲導犬Plus育成支援
 盲導犬育成学校の入学前の健康および適性検査に合格
 6月19日から入学し、本格的な盲導犬の訓練中
●9月23日高雄サロンー盲導犬バザー
●11月12日台中サロンー盲導犬バザー

喜憨兒社會福利基金會への支援活動

喜憨兒社會福利基金會(CHILDREN ARE US FOUNDATION)とは、心身に障がいをもった子どもたちが社会に出たときに困らないように、中学生、高校生のときから自立を支援する団体です。
2013年から台北サロンにて、子どもたちの手作りのお菓子を販売しています。

●台北サロンー2時間お菓子販売コーナー
●5月母の日ケーキ寄贈 - 合計43個

その他の活動

●PEACE DAY宣伝 - 8月1日~9月21日
●第35回新光高層ビル階段登り - 5月6日
ナチュラリープラス 台湾が入居する超高層ビル、新光摩天大楼(46階建て)で恒例の階段登り大会が開催され、社員および社員家族合計15名で参加(参加費:4, 500元は寄付)しました。大会での全収入額が台湾の糖尿病患者を支援する活動団体に寄付されました。ナチュラリープラス 台湾は協賛社としてブースも出展し、賞品協賛に「IZUMIO」と「ピュリフィカ」の試飲を行いました。

インドネシア

衣料品リサイクル

2017年6月に社員と会員の皆さまで協力し、衣料品をAski Cepat Tanggap(チャリティー団体)に寄贈しました。

「Yayasan Ai-I’tisham」チャリティーイベント

子どもたち一人ひとりに、お米・麺・砂糖などの日用品を詰め合わせたお土産と、アンパオ(日本でいうお年玉のようなもの)を寄贈しました。なお、今回は地域貢献の意味も含め、ナチュラリープラス インドネシア近くのYayasan(ヤヤサン)を支援しました。

※Yayasan(ヤヤサン)とは、親がいない子どもや母子家庭・父子家庭の子どもを支援する財団法人です。

シンガポール

ホスピスケア施設“HCA Hospice care”コミュニティ活動

HCAは病気で余命の少ない方々のターミナルケアをしている団体です。サポートを始めて3回目となる2017年6月6日に施設へ伺い、施設利用者に料理を振る舞ったり、一緒に体操やカラオケなどを行い、楽しい時間を過ごしました。またCFC、サミット会員の方からの募金でマッサージチェアを施設へ寄贈しました。

マレーシア

“アガペ子どもの家“チャリティーイベント

100名の子どもたちを、District 21(遊園地)へ招待するイベントを開催し、イベントにはサミット会員の方、ナチュラリープラス マレーシア社員が参加しました。その他、子どもたちに衣料品や食材も寄贈しました。

※「アガペ子どもの家」AGAPE HOMEとは、ミャンマーとパキスタンの難民の子どもと先住民の子どもの教育支援をしている団体です。ナチュラリープラス マレーシアでは、2012年より支援を開始しました。

献血チャリティー

クアラルンプールサロンとジョホールバルサロンで、毎年恒例の献血チャリティーイベントを行いました。2011年から始めたこの活動は、今回で7回目となり、毎回100名を超える会員の皆さまと社員が献血しています。

indonesia_01
singapore_01
malaysia_01

JAPAN 日本語